• HOME
  • 記事一覧
  • 野球
  • 「1年目から勝負しに行ってほしい」大引啓次氏 プロ野球OBクラブのイベントに登場 坂口智隆選手との絆とルーキーへの金言

「1年目から勝負しに行ってほしい」大引啓次氏 プロ野球OBクラブのイベントに登場 坂口智隆選手との絆とルーキーへの金言

10月11日、東京・墨田区の曳舟文化センターで日本プロ野球OBクラブ主催のイベント、第2回「〜MEMORY COLLECTION~」が開催された。

今回のゲストは大引啓次氏(元ヤクルト他)。現役時代のユニフォームを着て来場したスワローズファンなど約40人がトークショーや写真撮影などを通じ交流した。

(取材協力:日本プロ野球OBクラブ、写真 / 文:白石怜平)

第2回はヤクルトなど活躍した大引啓次氏

「〜MEMORY COLLECTION~」は、日本プロ野球OBクラブ(以下、OBクラブ)が主催するイベント。

同クラブでは2年半ぶりに行われている対面式の催しで、ゲストOBのトークショーと2ショットでの写真撮影、そしてオプションでサイン会に参加できるなど、ゲストとの”思い出(Memory)”に残ることをコンセプトにしている。

8月に第1回が開催され、ゲストには吉見一起氏(元中日)が登場し大盛況だったことから、「他のOBでもぜひ開催してほしい」という声が多く上がり、早くも第2回が実現した。

>吉見一起氏編はこちら

今回のゲストは大引啓次氏。06年の大学生・社会人ドラフト3巡目でオリックスに入団すると、新人で開幕スタメン出場を果たして以降、遊撃の名手として守りの要を担った。

12年オフに糸井嘉男らとの大型トレードで日本ハムに移籍。2年目の14年には主将を務め、2年連続で規定打席に到達するなどレギュラーとして活躍した。

同年オフにはFA宣言しヤクルトに移籍。初年度の15年にはチーム14年ぶり、そして自身初のリーグ優勝に貢献した。19年限りで現役を引退し、プロ13年間で通算1288試合出場・1004安打の成績を残した。

第2回ゲストとして登壇した大引氏

次ページ:昨年から大学院に入学し、野球部でも指導に

関連記事一覧