• HOME
  • 記事一覧
  • 野球
  • 元中日・吉見一起 プロ野球OBクラブ新企画に登場 トークショーで語った侍ジャパンでの経験とドラゴンズへの”アドバイス” とは?

元中日・吉見一起 プロ野球OBクラブ新企画に登場 トークショーで語った侍ジャパンでの経験とドラゴンズへの”アドバイス” とは?

8月14日、東京・墨田区の曳舟文化センターで日本プロ野球OBクラブ主催のイベント、「〜MEMORY COLLECTION~」が初開催された。

記念すべき第1回目のゲストは中日ドラゴンズのエースとして活躍し、一昨年に現役を引退した吉見一起氏。

現役時代の活躍を知るドラゴンズファン、プロ野球ファンが貴重な交流の時間を楽しんだ。

(取材協力:日本プロ野球OBクラブ、取材 / 文:白石怜平)

2年半ぶりの対面式イベント開催

本イベントは、日本プロ野球OBクラブ(以下、OBクラブ)が主催するイベント。

OBクラブは2020年からのコロナ禍以降、対戦カードのOBと一緒に解説や選手とのエピソードを聞きながらTV観戦する会や、画面を通じ1:1で会話を楽しみながら思い出のグッズにサインを書いてもらえる「〜Autograph Collection〜」など、オンラインを中心としたイベントを行ってきた。

今回の「〜MEMORY COLLECTION~」は対面式のイベントで、ゲストOBのトークショーに加え、2ショットでの写真撮影そしてオプションでサイン会に参加できるなど、タイトルの通りOBとの記念に残るイベントである。

OBクラブが対面式のイベントを開催するのは2年半ぶり、19年12月の創立25周年記念パーティー以来となった。

第1回目のゲストは元中日・吉見一起氏

そして「〜MEMORY COLLECTION~」の記念すべき第1回目のゲストは元中日の吉見一起氏。

吉見氏は05年ドラフト希望入団枠でトヨタ自動車からドラゴンズに入団。08年から12年まで5年連続2桁勝利を挙げるなど、落合博満監督が率いた黄金時代後半のエースとして球団初の連覇(10年・11年)へ導いた。

今回ゲストの吉見氏も昨年「〜Autograph Collection〜」に参加した

その間2度の最多勝(09年、11年)に輝き、特に11年は投手4冠(最多勝・最優秀防御率・最高勝率・最多完封)を達成するなどMVP級の活躍を見せた。

20年に現役を引退し、現在は野球解説者やYouTubeチャンネル「吉見一起 コントロールチャンネル」で活動している。

加えて古巣であるトヨタ自動車硬式野球部のテクニカルアドバイザー、そして5月からは侍ジャパンU-12の投手コーチに就任するなど、指導者としてのキャリアも積んでいる。

次ページ:「いい経験になりました」侍ジャパンでの10日間

関連記事一覧