• HOME
  • 記事一覧
  • 野球
  • 元ロッテ・黒木知宏 長き怪我との闘いと”戦力としての”復帰、そして今後の挑戦「今まで味わったことのない景色を見たい」

元ロッテ・黒木知宏 長き怪我との闘いと”戦力としての”復帰、そして今後の挑戦「今まで味わったことのない景色を見たい」

かつて千葉ロッテマリーンズで活躍し、”ジョニー”の愛称として今もファンに親しまれている黒木知宏氏が9日、プロ野球OBクラブのオンラインサイン会「Autograph Collection」にゲスト参加した。

その勇姿を知るファンと画面を通じて交流を図るとともに、イベント後の取材では現役時代から今後の目標について語ってもらった。

後編では先の見えないリハビリ生活から復帰、現役引退そして今後の目標についてフォーカスする。

(取材協力:日本プロ野球OBクラブ、写真 / 文:白石怜平 ※以降、敬称略)

2年半に及ぶリハビリ生活

01年の6月ごろから肩に違和感を感じていた黒木は前半戦だけで11勝を挙げるも、7月27日のオリックス戦を最後に戦線を離脱した。ここから主戦場である千葉マリン(現:ZOZOマリン)からファームの本拠地である浦和で約2年半に及ぶリハビリ生活へ。

ゴムチューブを引っ張り、外でランニングをする日々。芝が剥げても走り続け、ロッテ浦和球場の外野フェンス沿いは”ジョニーロード”とも称されている。

「リハビリするしかないのでね。ただひたすら走る、ひたすらチューブ引っ張ってあとは治療に行く、リハビリする。その繰り返しでした」

状態が良くなり投げ始めれば再び痛みがぶり返す。一進一退どころか二退、三退と逆戻りする日々だった。

焦りと苛立ち、そして先の見えない不安に苛まれ続ける中、暗いトンネルを照らし続けたのはマリーンズファンだった。

「後退しようと思えばいくらでも後退できるので、苦しい時期が続きました。ですけれども、そんな中でもファンの方たちが浦和まで来てくれて『何年でも待ちます!』という言葉が折れそうな心を留めてくれたんです」

リハビリ当時、一進しても二退・三退する日々だったという

マリーンズファンとの堅い絆

力の源となったマリーンズファンとの絆。エピソードはリハビリの時だけではなかった。

話は98年にさかのぼる。マリーンズは6月12日から7月9日まで、現在も日本記録となっている18連敗を喫した。

黒木も連敗中は先発から抑えに回り、途中再び先発に戻るなどフル回転。何とか連敗を止めようとチームのために毎日のようにマウンドへと上がった。それでも故障者も出るなど悪い流れは止まらず、連敗が積み重なっていった。

そして、7月5日のダイエー(現:ソフトバンク)戦で当時の日本記録だった1970年ヤクルトの16連敗に並んでしまった。

この2年前には当時最下位に沈んでいたダイエーが日生球場で敗戦後、バスに乗ったナインをファンが取り囲み、生卵を投げつけた事件が起こっていた。

勝てなくても、リハビリ中でもファンの声が黒木を支えた

この日黒木は翌日の先発に備え先に帰宅していたが、そのシーンが頭をよぎった。しかし、テレビをつけると自身の心を大きく動かす光景が映っていた。

「マリーンズファンがスタジアムの正面で一生懸命応援歌を歌っていたんです。『ファンは怒るんじゃないか』そう思った自分が解せなかった。7月7日は”何がなんでも”という気持ちでマウンドに上がりました」

黒木はこの試合、神戸で行われたオリックス戦で抑えから先発に戻った。脱水症状を起こしながらも9回2死まで力投を続け3−1と完投勝利目前に。

しかし、あと1球のところでハービー・プリアムに本塁打を浴びまさかの同点。降板後の延長12回にサヨナラ満塁弾を喫し敗れ、新記録となる17連敗目を喫してしまった。これが今も語り継がれる”七夕の悲劇”である。

次ページ:04年、復帰戦でライバルとの投げ合い

関連記事一覧