妙典少年野球場 新グラウンドが開場。セレモニーで披露された市川市と野球との”絆”

3月13日、千葉県・市川市で「​​妙典少年野球場プレオープンセレモニー」が開催された。

市川少年野球連盟の他、村越祐民(ひろたみ)市川市長そして千葉ロッテマリーンズよりマリーンズ・ベースボールアカデミーの方々が参加し、市に縁のある元プロ野球選手たちからもお祝いのメッセージが寄せられた。

(取材協力:市川市少年野球連盟、文:白石怜平)

約3年前からの構想の末、実現した新球場

今回、新たにオープンする野球場は両翼70m・中堅85mの少年野球専用球場。市川市の「地域コミュニティゾーン整備事業」の一環として、昨年まで約10年使用してきた旧少年野球場の隣で建設を行ってきた。

約3年前から構想が上がり、昨年6月の建設開始からこの4月に選手がプレーできる状況を整備するため、約8ヶ月という間ながら滞ることなくプレオープンを迎えることができた。

グラウンドでは外野に人工芝を新たに敷き、両ベンチ横にブルペンそしてベンチも新しくなった。

外野に新たに敷かれた人工芝(提供:市川市少年野球連盟)

本オープンは10月を予定しており、残りの期間は客席の設置と同時に改修中である国府台(こうのだい)球場から電光掲示板を移設することで完成となる。

周辺では、児童発達支援センター(4月開園)や公園・バーベキュー場の建設も進めており、村越市長も後述の挨拶で「子育てをされているお母様たちが不安なく情報交換できる場にしたい」と語るなど、市を挙げて子どもたちへの育成環境整備をさらに強化している。

バックネット裏と1・3塁側に設置される観客席
本塁から見たグラウンド

関連記事一覧