• HOME
  • 記事一覧
  • 指導 / 教育
  • 「第15回小笠原道大杯」2年ぶり開催。”新しいスタイルの野球”へのチャレンジと小笠原氏が贈ったメッセージ

「第15回小笠原道大杯」2年ぶり開催。”新しいスタイルの野球”へのチャレンジと小笠原氏が贈ったメッセージ

2021年12月11日、千葉県市川市の妙典少年野球場で「第15回小笠原道大杯争奪 市川市少年野球大会」の閉会式が行われた。

名を冠している小笠原道大・巨人2軍打撃コーチも姿を見せ、子どもたちへメッセージを贈った。

(写真 / 文:白石怜平、以降一部敬称略)

市内の全41チームが頂点を争う大会

小笠原道大杯争奪 市川市少年野球大会(以下、小笠原杯)は、市内の小学5年生を対象にした少年野球チームの頂点を競う大会。

千葉県出身の小笠原コーチは同市に居を構える縁から、現役時代の2007年オフに地域貢献活動の一環で冠大会を開催。2015年の現役引退時も「今後も継続していきたい」という想いを持ち、昨年を除く14年間欠かさず行われている。

市川市少年野球連盟(以下、連盟)の塚原良光 事業部長は大会について説明する。

市川市は東・西・南の3ブロックあるのですが、初年度はブロック対抗で開催していました。2回目以降は小笠原さんのご厚意で、市内全チームでの開催へと拡大しました。予選を勝ち抜き、本戦は36チームが出場してトーナメント方式で試合をしています」

現在は41チームが参加するなど市内で最も盛り上がる大会に。小笠原コーチも多忙の合間を縫い、ほぼ毎年閉会式に出席している。壇上に立ち、未来を担う子どもたちへ勇気を与え続けている。

優勝旗やトロフィー。小笠原のサインが印字されたメダルも用意されている

「子どもたちは小笠原さんに会えるのをモチベーションにやっています。小笠原杯は5年生の大会で、ここを頂点にして翌年以降につなげることで全国への足掛かりとしてほしいのです」

同連盟の五嶌(ごとう)誠司理事長も、大会の開催意義を語った。

関連記事一覧