第42回 市川市少年野球春季大会開幕 〜”新しい野球のスタイル”を合言葉に〜

4月18日(日)、千葉県市川市で「第42回 市川市少年野球春季大会」の開会式が行われた。

「新しい野球のスタイル」を掲げ、2年ぶりの開催

本大会は市川市少年野球連盟が主催し、毎年春季に加え夏季・秋季の3つが公式大会として位置づけられている。昨年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で全て中止となったため、2年ぶりの開催となる。

特に秋季大会5年生の部は、千葉県出身で現在は北海道日本ハムファイターズのヘッド兼打撃コーチを務める小笠原道大氏の冠大会「小笠原道大杯」(以下、小笠原杯)として2007年より継続して開催。

小笠原氏は毎年閉会式に出席し、表彰式では1人ずつ優勝メダルの付与や、最優秀選手へ直筆サインバットを贈呈するなど大きな盛り上がりを見せている。

表彰式では小笠原氏が直接メダルを付与。選手たちの一生の思い出となっている(19年小笠原杯より)

しかし上述の通り昨年は中止に。そのため今回は、春季大会の最優秀選手にと特別に用意。北海道から子どもたちの健闘を祈っている。

大会の最優秀選手に贈られるサインバット(写真は尾藤利昭連盟副会長)

今シーズン、連盟は”新しい野球のスタイル”を合言葉に、子どもたちが安全かつ楽しく野球を楽しめるように取り組んでいく方針を掲げた。

市川市少年野球連盟はじめ、出席した来賓の方々

コロナウイルス感染対策のため、まずは活動のガイドラインを設定。市川市隣接地域への遠征は事前申告制とし、1日の活動時間を最長4時間とすることでプレーと感染対策の両立を図る。また、ウイルス対策以外にも熱中症対策として熱中症アラート発令中は運動を自粛する。

関連記事一覧