• HOME
  • 記事一覧
  • 野球
  • 「ファンと選手双方にメリットがある」元西武・髙木大成氏が提案した ”ホームを3塁側に”〜著書出版記念特別インタビュー第3回〜

「ファンと選手双方にメリットがある」元西武・髙木大成氏が提案した ”ホームを3塁側に”〜著書出版記念特別インタビュー第3回〜

かつて西武ライオンズで「レオのプリンス」と呼ばれ、主力打者として優勝にも貢献した髙木大成氏。

05年の引退後は同球団の社員となり、今もライオンズを支えている。21年4月にその半生を綴った著書「プロ野球チームの社員(ワニブックス刊)」を出版した。

今回、これを記念したロングインタビューを全6回に分けてお送りする。32歳の”オールドルーキー”。ついに球団の社員としてのキャリアが始まった。

取材協力 / 写真提供:株式会社西武ライオンズ (以降、敬称略)

手探りの中から始まった”第二の人生”

「チームが強いのになぜ、観客が入らないのか」そんな疑問もあり、05年から球団の社員としてのキャリアをスタートさせた。

髙木が最初に配属されたのは営業部に立ち上げられた「ファンサービスチーム」。

当時は球団もファンサービスを拡大し始めた時期ということもあり、誰もが手探りだったという。髙木はまず自身の知名度を活かし、球場に来たファンにサインをしながら交流していた。

それに加え、サラリーマンとしては”新入社員”。1年目にはこんな苦労があった。

「名刺の渡し方やビジネスマンとしての電話の取り方。それまで自分の携帯しかとったことなかったですから。パソコンは大学時代に使ったことはありますが、では会議資料を作るとなっても作れないですし、それにビジネスメール。

これら全てが初めてだったので。あとはファンサービスでやりたい案を出して社内でどう通せばいいのか。そう言ったところから始まりましたね」

ゼロからのスタートとなった髙木は、上司らの仕事を見てかつ自身でもこなしながら1つ1つ体で覚えていった。

球団の社員として始まった当時も、新しいことの連続だった

関連記事一覧