プロ野球OBクラブ 中学野球教室開催 石毛宏典氏「甲子園、その先の夢へチャレンジするお手伝いに」

3月某日、東京・八王子市の上柚木公園野球場で「東京都中体連野球部員練習会」が開催された。日本プロ野球OBクラブの主催で、この春高校に入学した132名の中学3年生(当時)が参加した。今回はその模様をお届けする。

(取材協力:大東建託株式会社、日本プロ野球OBクラブ)

元プロ野球選手4名がコーチに

「東京都中体連野球部員練習会」は、今年の4月から高校で硬式野球部に入部予定の中学3年生を対象とした野球教室。

上述の通り日本プロ野球OBクラブ(以下、プロ野球OBクラブ)が主催し、石毛宏典氏(内野:元西武-ダイエー)・川口和久氏(投手:元広島-巨人)・市川和正氏(捕手:元大洋・横浜)・秦真司氏(外野:元ヤクルト他)の4名がそれぞれのポジションでコーチを務めた。

午前と午後の2部に分かれ、午前は守備・午後は打撃と約6時間かけて行われた。

プロ野球OBクラブのコーチ陣(左から秦真司氏・市川和正氏・川口和久氏・石毛宏典氏)

チーム大東と石毛氏の縁から開催へ

チーム大東は、未来のアスリートを支援することを目的に結成された有志の団体である。2014年に結成され、52名・5団体の学生アスリートを中心に支援活動を行っている。

この練習会はチーム大東と石毛氏の縁から生まれた。チーム大東に所属する丹菊泰志氏は、東日本大震災の復興支援をしたいと考えていた。そこで取引先のスポーツ関係者に相談したところ、石毛氏と繋がった。

丹菊氏の想いを聞いた石毛氏も活動に賛同。「OBクラブとして野球を通じて盛り上げたい」と、復興支援に向けた活動の第一歩として野球教室の開催に至った。

プロ野球OBクラブは「野球に恩返し」を合言葉に、野球技術の向上や振興、そして野球を通じての青少年の育成のためさまざまな事業を展開。最近はYoutubeチャンネルやオンラインサイン会などファンとの交流企画も人気を集めている。

石毛氏も同クラブの常務理事を務めており、自身のYoutubeチャンネルでも発信するなど積極的に参加している。

プロ野球OBクラブで常務理事を務める石毛宏典氏

関連記事一覧