身体障害者野球日本代表 “野球命名の地”松山で出陣。9月の世界大会に向け「スポーツの力・明日への活力を発信する」

1月29日、愛媛県・松山の坊っちゃんスタジアムで「世界身体障害者野球大会」の日本代表結団式が行われた。

今年3月に行われるWBCに向けて始動する侍ジャパンに続き、”もうひとつの日本代表”が野球伝来の地でスタートラインに立った。

(取材協力:日本身体障害者野球連盟 写真 / 文:白石怜平)

今年9月に行われる”もうひとつのWBC”

今回は、9月に行われる「世界身体障害者野球大会」に出場する日本代表の結団式。9月9日〜10日にバンテリンドームナゴヤにて開催予定で、そこに向けた代表メンバー15名と監督・コーチ5名の計20名が昨年11月に発表された。

結団式に参加した日本代表選手

「世界身体障害者野球大会」は、その名の通り身体障害者野球の世界大会。

2006年に第1回WBC(World Baseball Classic)で世界一に輝いた日本の提案で、同年11月に初めて開催されている大会。

以降4年に一度行われ、18年の第4回から4年後の昨年は新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑みて1年延期し、今年で第5回を迎える。

日本と韓国・台湾に加えてアメリカ、14年の第3回大会からはプエルトリコの5カ国が参加しており、”もうひとつのWBC”と呼ばれている。

日本は第1回から2連覇、前回の第4回も制覇し過去3回世界一に輝いており、今回4度目の制覇を目指す。

18年の前回大会では3度目の世界一に輝いた(提供:NPO法人 日本身体障害者野球連盟)

次ページ:“野球“命名の地、松山で初陣

関連記事一覧