2021若獅子インタビューVol.12 #120出井敏博 独立リーグへの派遣で得た”気づき”とは?

2021若獅子インタビューVol.12 #120出井敏博 独立リーグへの派遣で得た”気づき”とは?

投手を始めたのは小学5年生。高校は野球の名門埼玉栄高校に進学し、その後、神奈川大学では主にリリーフとして起用されたのは、2019ドラフト育成1位で西武に入団した出井敏博だ。

入団当初の体重は70kg。身長185cmの長身からするとかなり細い。「80kgを目標にして体力強化という面で1年目はしっかり基礎作りをしました」。

1年目を終える頃には76kgまで増え、現在もキープできていることから「しっかり自分の体が出来上がったように思います」と厳しいトレーニングを重ね、同時により精悍になった顔つきは逞しく見える。

「ウエイトの重量を上げて、食事も栄養バランスを考えながらメニューを選んだりするようになりました。学生時代に厳しいトレーニングをしてこなかったので、強化練習のメニューはどれもキツかったのですが、いま思うとそこで下半身がしっかりしたことで長いイニングを投げても疲れが少ないのかなと思います」と手応えを感じている。

2年目に入るときには「支配下登録はもちろん先発ローテーションでしっかり投げていくこと」を目標にたて、春季キャンプでは投げ込みを増やした。先発として投げるための体力や球の強さを意識して練習に取り組んだことで得られたことがある。

自身でも「1年目の時には考えられないことだったので、自分の体の成長に驚きました」と日々進化を続けている。今年、ファームでは“開幕投手”を任されるも6回5失点に終わり、いいスタートを切ることは出来なかった。

その後、3月24日からルートインBCリーグの埼玉武蔵ヒートベアーズへの派遣が決まり「結果を出してやろうという気持ちでいます。インパクトのある活躍をできるように頑張ります!」という意気込みと共に飛び込んだ。

埼玉武蔵ヒートベアーズに行き、気づきがあったという

5月31日に派遣が終了し「(この派遣を通じて)打者に対する攻め方や配球についても学ぶことができたと思っています」と多くのイニングを投げたからこそ得られた“気づき”に頷いた。

西武に復帰し、早々に用意された先発の機会は6月6日の読売ジャイアンツ戦(ジャイアンツ球場)。先発した出井は7回無失点と好投するも、翌週13日のDeNAべイスターズ戦(横須賀スタジアム)から歯車が狂い始めた。結果は6回5失点。

失点は全て序盤に喫したものだった。「ちょっとした詰めの甘さが出たんだと思います。ヒートベアーズにいた時は、先頭打者は出塁させない、初回は点を取られないという強い気持ちでマウンドに上がっていたのですが、前回のジャイアンツ戦で成績が良かったから“抑えられるだろう”と気のゆるみがあったのかもしれません」と猛省。好調の波に乗り急いでしまった。

そんな出井ではあるが、今シーズン大きく成長したところがある。それはメンタル面だ。マウンドでは「ブルペンであれだけの球を投げられたのだから大丈夫。絶対なんとかなると強い気持ちを持っています」。ヒートベアーズで過ごした2カ月間で投じたイニング数は50.1。

「ヒートベアーズでは調子が悪くても長いイニングを投げさせてもらって、悪いなりにマウンド上で、冷静になって修正していく力をつけることができました」と自信をのぞかせた。埼玉武蔵ヒートベアーズでは中6日で先発ローテをまわり、登板してから休養日を挟んだ残りの日を計画的に使えるようになったという。

「登板日にどうピークを合わせていけるか」という事に重点をおき、スタッフとも相談しながらランニング、ウエイトなどの内容や数を考えるように。しっかり先発投手としての調整が板についてきた。

1年目と2年目の違いは明らかに登板機会が増えたこと。「1軍の先発陣に割って入れるような投球をするために、2軍でしっかりアピールして“出井は投げられるぞ”というところを見せて、一軍の戦力になりたいなと思います」。

支配下登録の期限は8月31日。2桁の背番号を勝ち取るために前だけを向いて進んでいく。(写真は球団提供)

西武ライオンズ広報部

野球カテゴリの最新記事