五十嵐亮太 日米23年のキャリアから語る日本野球の現在地〜前編〜「自分の特徴は何かを常に考えていた」

五十嵐亮太 日米23年のキャリアから語る日本野球の現在地〜前編〜「自分の特徴は何かを常に考えていた」

2020年、23年にわたる現役生活にピリオドを打った五十嵐亮太氏。

160km/hに迫るストレートを武器に20代前半からヤクルトのリリーフエースとして活躍。10年から3年間はメジャーリーグ3球団を渡り歩く。13年に日本復帰後はソフトバンクで日本一連覇に貢献し、19年には10年ぶりにヤクルトへ復帰。積み重ねた登板数は906試合、全てリリーフとして投げ抜いた。

今回、スポーツビジネスアカデミー(SBA)が運営するオンラインサロン「THE BASE」の特別企画、『五十嵐亮太選手のキャリアを振り返りながら考える「日本プロ野球の現在地」』にオンライン登壇。

20年来の親交がある、Field-R法律事務所弁護士の山崎卓也SBA理事とトークセッションを行い、現役生活を振り返った。(以降、敬称略)

「人よりも多く」猛練習でファーム日本一に

五十嵐は1997年、千葉・敬愛学園高校からドラフト2位でヤクルトスワローズ(現:東京ヤクルトスワローズ)に入団。

1年目の98年はファームで過ごした。憧れのプロのユニホームに袖を通し、好きな練習を好きな時間にできる喜びにあふれていたという。24時間野球漬けになれるという環境を最大限に活かしていた。

「入ってからずっと自分で考えて組み立てたトレーニングをひたすらやっていました。今はトレーニングコーチやパーソナルトレーナーが付いているのは当たり前ですけども、当時はなかったのでオーバーワークになったこともありましたし、次の日に影響が出ないように体で感じながら量をこなしていました」

周囲よりも練習量が多かったと自負している。要因も明確だった。

「高校の時に自分で取り組む習慣が付いていたので、練習に対して苦になることはなかったです。『自分が上手くなるためには何が必要か』『自分はどうなりたいのか』を考えた時に、トレーニングやランニングの量を”人よりも多くやるぞ”って思いは強かったです」

高校時代からすでに自分で練習メニューを組み立てて取り組んでいた。その経験がプロで早くかつ長く活躍する礎となった。

「今の時代と比べて何が正しいかは分からないですが、僕はひたすら”量”を追い求めてやっていました。人よりやっていればダメだった時に諦めがつくので」

現役時代を振り返る五十嵐亮太氏

続いて育成についての話題に。入団した98年から1軍デビューする99年は、野村克也監督から若松勉監督に代わる時期。当時1軍では90年代のプロ野球を象徴する黄金時代のメンバーが主力として名を連ね、00年以降もAクラスの常連だった。

ファームはどうだったのか。山崎が問うと、”育成するところ・勝負に行くところのバランス”が取れていたのではないかと答えた。

「1年目でそんな試合(ファーム日本選手権)に投げさせてもらえるなんて思ってもみなかったので、『期待されているんだ!』『ここで期待に応えたらこの先1軍に行ける!』っていう色々な想いが込められた試合が続きましたね」

実際、9月26日イースタン・リーグの優勝が懸かった大一番(ロッテ戦)で先発マウンドを託される。その試合で6回雨天コールドで参考記録ながら完全試合を記録し、リーグ優勝に貢献した。続く10月10日、沖縄・那覇で行われたファームの日本選手権(阪神戦)にも先発。5回を無失点に抑え日本一に導き、シリーズMVPを受賞した。

「当時の2軍監督が八重樫(幸雄)さん、コーチが小谷(正勝)さん・梶間(健一)さんだったのですが、あの場面で使っていただいた感謝は引退した今でも持っています」

他の選手に負けない自分の特徴は何か」を模索

1年目での結果が評価され、2年目の99年から一軍に定着。務めたポジションは以降の現役生活含めリリーフだった。

ファームでは先発中心だったが、当時スワローズの先発ローテーションはエースの石井一久を筆頭に、前年沢村賞の川崎憲次郎、伊藤智仁ら球界を代表する選手たちが名を連ねていた。

1軍の枠は限られており、常に激しい競争が行われている。当時プロ2年目の19歳は”自分が投げられるポジションはどこか”を模索し、生き残るための道を探していた。先発が難しければリリーフでどういった投球をすれば起用してもらえるかを常に考えていた。

「自身と似たタイプの選手などを比較して『ここは難しいな』『ここだったら行けるかもしれない』ということを考えるんですよ。そこでリリーフだったら勝負できるのではないか、さらにチームに何が足りなくて他の選手に負けない自分の特徴は何かを常に考えていましたね」

99年は1軍で36試合に登板して6勝。以降の飛躍につながるシーズンになった。20歳ながら鋭い客観的な分析と柔軟な思考力。辿り着いたのは「球の速さ」だった。

速いストレートは五十嵐の代名詞だ。04年、6月3日と9月20日(いずれも阪神戦・神宮)に当時日本最速の158km/hをマーク。特に9月20日は球界再編の中で行ったストライキ明けの初戦。矢野輝弘(現:燿大 阪神監督)に158km/hを3球連続で投じた。この試合計4度記録し、全国のプロ野球ファンを大いに沸かせた。

1軍に定着して1年目ながら、競っている場面での登板が多かった印象があると振り返る。そういった場面で起用される信頼を得るには何が必要か、山崎が聞いたところこう答えた。

「信頼は結果しかないと思っています。その前にどうしたら使ってもらえるかは、他の選手と比較した時に僕はストレートが速かったのでそれを自分の長所としてアピールしてきました」

プロ2年目から他と比較し、自分の生き残る道を考え続けてきた

翌00年は開幕からフル回転。オールスター前までに11勝を挙げ、リリーフながら最多勝争いに加わった。古田敦也捕手と最優秀バッテリー賞を受賞し、球界を代表するリリーフ投手に成長した。

02年からは3年連続60試合以上に登板。04年にはクローザーとして37セーブを挙げ最優秀救援投手に輝いた。同時期に左のリリーフとして活躍した石井弘寿(現:ヤクルト1軍投手コーチ)と共に「ロケットボーイズ」の愛称で親しまれ、同時に相手の脅威となった。

途中故障で離脱するシーズンもありながらも右肩上がりにプロ野球人生を送っていたが、06年に右肘が悲鳴を上げる。シーズン途中に右肘の靭帯断裂が判明し、オフにトミージョン手術を受けた。翌07年はリハビリに専念した。

1年半に及ぶ手術・リハビリを経て08年に復帰。開幕戦で150km/hを超えるストレートを投げ復活をアピール。この試合肉離れを発症するも、4月下旬に復帰。その後も投げ続け、手術前と変わらぬパフォーマンスに戻った。この年は44試合登板で防御率2.47をマークし、国内FA権を取得した。

翌09年は56試合登板で防御率3.18と完全復活を遂げ、海外FA権を行使してメジャーリーグへ挑戦した。

契約更改では代理人制度を活用

メジャーでの話の前に、プロ野球界における代理人とFA制度の話題に。五十嵐は第一次ヤクルト時代から契約更改の際には代理人を立てて行っていた。その意図を説明した。

「交渉の席に出ると自分で長所を言わないといけない。だけど(自分から)いいにくい部分もあるじゃないですか?そこに悩んでいる時間を練習や次のシーズンにつなげることに充てたかった。練習に集中できたのが大きかったです」

NPBでは代理人を使うことについてはまだ浸透はされておらず、選手自身で交渉の席に着くことが多い。球団側も代理人が交渉に臨むことに対して、抵抗感を持つ雰囲気も存在する。

プロ野球選手は個人事業主である。でも、組織の中の1人と難しい立場である。「みんな代理人を使えばいい」と感じている。

NPBにおける代理人制度は、2000年にプロ野球選手会が球団の承諾を得なくてもできる制度であることなどを主張し交渉し導入に至った経緯がある。それが今につながっている。

当時は球団側の抵抗もあり弁護士のみが代理人にとして受け入れられていたが、現在はアメリカMLB選手会の認定代理人も事実上入れるようになり、流れは変わりつつある。

しかし、MLBやJリーグの選手のように代理人が選手にほぼ全員ついているわけではない。その理由は移籍が多いか少ないかによるところがあると山崎は説明した。NPBは移籍が活発ではないため代理人が浸透しきれていない理由の1つになっていると分析する。

また、FAについても議論された。NPBでは現在国内FA・海外FAの2種類がある。

1軍登録145日を1シーズンとカウントし、高卒選手はそれを8シーズン・大卒選手は7シーズンで国内FA(※)、海外FAは全選手9シーズンで取得ができる。

(※07年以降のドラフト入団選手が対象、06年以前は全選手8年)

五十嵐氏の現役時代の成績をメジャーの制度に当てはめた場合の表(SBA提供)

一方、メジャーでは6シーズンでFA権を取得できる。その前に3シーズンメジャーに登録されれば、年俸調停権とそこで選手の年俸がかなり上がることとの兼ね合いで、ノンテンダーFA(※)になるチャンスが得られる。

(※球団が保有権を持つ選手で、メジャー経験が合計6シーズンに満たないかつ年俸調停権がある選手に、あえて球団が翌シーズンの年俸を提示しないことによって、選手が他の球団と交渉ができるようになる場合のFAのことを、通常のFA権と区別してこう呼ぶ。年俸調停になると年俸がかなり上がるケースもあるため、あえて球団がマーケットに出すことによって年俸を抑えるために行われる場合もある)

五十嵐の場合、99年と01年・06年は145日に満たず(端数はカウント)、07年は全休している。そのため20歳から1軍に定着していても海外FAを取得するまでに12年を要した。

メジャーでのルールを適用した場合を考えると、五十嵐の場合は02年(23歳)で年俸調停権、05年(26歳)でFA権を取得したことになる。04年に最優秀救援投手のタイトルを獲得していることも考慮すると、最もパフォーマンスが高い時期にFAでより良い契約を勝ち取れる可能性が広がる。

上記の分析を踏まえ、日本のFA取得時期が長いことが課題の1つだと山崎は話した。

(後編へ続く)

参考:SBA(スポーツ ビジネス アカデミー)運営オンラインサロン「THE BASE」

野球カテゴリの最新記事