ピアニストの清塚 信也さんが制作!西武 オリジナルテーマ曲「WE ARE ONE」を本日発表!

ピアニストの清塚 信也さんが制作!西武 オリジナルテーマ曲「WE ARE ONE」を本日発表!

西武は2日、ライオンズのビクトリーエンブレム「WE ARE ONE」のテーマ曲を、本日ライオンズオフィシャルサイトなどで発表した。

本テーマ曲は、熱烈なライオンズファンを公言しているピアニストの清塚信也(きよづかしんや)氏が制作。「SDGs」がテーマの大型シリーズ企画『ライオンズフェスティバルズ2021』(7月13日~8月29日)の開催に合わせてつくられた。

テーマ曲は、ライオンズのパワーあふれる打線と疾走感のあるスピーディーな野球をイメージ。活気のあるリズムと少し哀愁を感じるメロディーを合わせたほか、仲間意識や「誰一人取り残さない」結束力、野球の感動などを想起させる力強い楽曲に仕上げている。

ライオンズフェスティバルズ初日の7月13日(火)より球場内で流すほか、選手がグラウンドに飛び出していく際などにも使用する。さらに、8月14日(土)には清塚氏をメットライフドームに招待し、試合後のグラウンドでテーマ曲を生演奏するほか、清塚氏自身が長年の夢と語っていた始球式も務める予定です。

本日よりライオンズオフィシャルサイト公式YouTubeで楽曲を視聴できるほか、今後、清塚さんのインタビュー映像なども公開する予定。(写真は球団提供)

【ビクトリーエンブレム テーマ曲】
曲名:WE ARE ONE
ミュージシャン:清塚信也(作曲・編曲)、福原将宜、吉田翔平、高井羅人、齋藤たかし
使用開始日:2021年7月13日(火) ※ライオンズフェスティバルズ2021初日
使用シーン:・1回表、ライオンズのスターティングメンバ―が守備位置に着く際・試合開始前のメインゲート
今後の予定:8月14日(土)の楽天イーグルス戦にて、清塚さんによる始球式を実施予定。試合終了後には、グラウンドで清塚さんによる生演奏を実施。※チケットの販売概要は後日オフィシャルサイトなどで告知する。

【清塚 信也氏コメント】

私の強いライオンズ愛を演奏や作曲に注ぎ込みました!この曲を聴いてぜひ、もっともっと団結して、一つになっていき、「誰一人取り残さない」という仲間意識も盛りあげていければと思っています。

そして、「ライオンズフェスティバルズ2021」が開幕する7月13日(火)からはこの楽曲で選手が戦いに向かうということで、非常に光栄に思っています。私も一丸となって、一緒に戦っているつもりで応援していきたいと思います。ぜひ、皆さま一つになって、優勝目指して戦っていきましょう!


【清塚 信也氏プロフィール】

5歳よりクラシックピアノの英才教育を受ける。中村紘子氏、加藤伸佳氏、セルゲイ・ドレンスキー氏に師事。桐朋女子高等学校音楽科(共学)を首席で卒業、国内外のコンクールで数々の賞を受賞。

人気ドラマ「のだめカンタービレ」他作品で吹き替え演奏を担当後、2013年には映画『さよならドビュッシー』で岬洋介役として俳優デビュー。

2015年TBS系 金曜ドラマ『コウノドリ』(主演:綾野剛)では、ピアノテーマおよび監修を手掛ける。2019年8月16日には邦人男性クラシック・ピアニストとしては史上初となる日本武道館での単独公演を成功させる。2020年47都道府県ツアー「名曲宅配便~ピアノが奏でる特別な時間~」を開催。

2021年にはミュージカル「GOYA-ゴヤ-」(主演:今井翼)、映画「未来へのかたち」(主演:伊藤淳史)の音楽を担当。近年では、TVバラエティ番組やラジオ番組へ出演するなど、マルチピアニストとして活躍。

【清塚さんと親交のある源田 壮亮選手コメント】

清塚さんに制作していただいた曲をさっそく聞かせていただきました。メロディーが格好良く、1回の表に守備につくときにも流れると聞いていますので、最初からテンションが上がります。

清塚さんとは親しくさせていただいていて、試合後に「今日はナイスバッティング」という連絡をもらうこともあります。

8月14日に始球式をされると聞いていますので、清塚さんにはメットライフドームのマウンドで“ナイスピッチング”を期待していますし、ファンの皆さまにも注目していただききたいです!

【ライオンズフェスティバルズ2021】
ライオンズフェスティバルズは、2016 シーズンにスタートした夏恒例の大型シリーズ企画で、今年のテーマは「SDGs」。

プロ野球が子どもたちの夢であり続けるために、そして笑顔が絶えず誰もが健康的でかつ安心して暮らせるサステナブルな社会の実現を目指して、ファンの皆さまと共に「SDGs」について考え、行動することを目的に開催する。

特設サイト:https://www.seibulions.jp/special/festivals/index.html

カテゴリの最新記事