”存在するのはルールだけ!” 多様性の野球大会「Future Dream Cup」約1年半ぶり開催

”存在するのはルールだけ!” 多様性の野球大会「Future Dream Cup」約1年半ぶり開催

特定非営利活動法人日本ダイバーシティ・スポーツ協会は、4月3日(土)・4月4日(日)に多様性の野球大会「Future Dream Cup」を開催する。

Future Dream Cupとは、国籍・障がい・年齢・性別・LGBTQなど全ての壁を取り払った”多様性”の野球大会で、”存在するのはルールだけ”をコンセプトに掲げている。

今回2020年東京開催のオリンピック・パラリンピックを見据え、埼玉県吉川市で10回目となる大会を開催することになった。昨年も春と秋に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止。19年11月以来約1年半ぶりに行われることになった。

参加チームは身体障害者野球チーム「千葉ドリームスター」を始め7チームがエントリーしており、現在も参加チーム・個人参加選手を募集中。大会公式HPからエントリーを受け付けている。

【大会概要】
2th Warm Blue × Future Dream Cup.2021 in Yoshikawa City

◆日程
2021年4月3日(土)・4月4日(日)

◆会場
・吉川運動公園(埼玉県吉川市きよみ野1-5※吉川市役所隣り)
アクセス:武蔵野線吉川駅よりバス10分 吉川市役所前下車
・吉川美南中央公園(埼玉県吉川市美南2丁目6)
アクセス:武蔵野線吉川美南駅西口より徒歩8分

カテゴリの最新記事