川崎ブレイブサンダース 前田悟の獲得を発表「天皇杯二連覇、Bリーグ制覇を達成できるよう、謙虚にひたむきに」

川崎ブレイブサンダース 前田悟の獲得を発表「天皇杯二連覇、Bリーグ制覇を達成できるよう、謙虚にひたむきに」

バスケットボールBリーグ1部(B1)の川崎ブレイブサンダースは7日、 前田悟選手と2021-22シーズンの選手契約が基本合意に達したと発表した。

前田選手は山形県出身の24歳で、192cm88kgのシューティングガード(SG)。

青山学院大在学中の18年から富山グラウジーズに特別指定選手として加入し、2019-20シーズンには新人王に選ばれた。

2020-21シーズンは60試合全てに先発出場。プレータイムは平均25.6分で9.4得点、さらに39.6%という高確率な3Pシュートを記録し、富山のチャンピオンシップ進出に大きく貢献した。得意の3Pシュートに加え、高校・大学とインサイドプレーヤーの経験もあり、身体を張った泥臭いハードなDFも持ち味。

 山形南高校3年時には、FIBA U17男子バスケットボール世界選手権の日本代表に選出され、キャプテンを務めた経験もある。なお、入団会見は7月初旬に行う予定。

前田悟選手コメント

この度、川崎ブレイブサンダースに加入することになりました、前田悟です。

「MAKE THE FUTURE OF BASKETBALL〜川崎からバスケの未来を〜」をミッションに掲げる、伝統あるチームの一員になれたこと、本当に光栄に思います。

初めての移籍で不安なところもありますが、自分の持ち味であるシュート力を活かし、とどろきアリーナで、サンダースファミリーの皆さまの前で活躍した姿をお見せできるよう、そして天皇杯二連覇、Bリーグ制覇を達成できるよう、謙虚にひたむきに頑張っていきたいと思います。

サンダースファミリーの皆さま、応援よろしくお願いします!

BE BRAVE!

カテゴリの最新記事