競技人口は900人以上!日本の「身体障がい者野球」とは?

日本では国技とも言えるほど人気のスポーツである野球。
プロ野球、高校野球、メジャーリーグetc…
テレビやインターネットなどで試合やニュースを見る機会は多いかと思います。そんな日本の野球の中で、みなさんは「身体障がい者野球」についてご存知でしょうか?

身体障がい者野球とは、身体にハンデを持つ選手がプレーする野球のことです。そこにはどんな人が参加し、通常のルールとどんな違いがあるのか。今回は現状の課題や国際化の観点を交えながらご紹介します。

身体障がい者野球の歴史

日本における身体障がい者野球は、1980年代前半に神戸市で有志を募り結成したのが始まりとされています。

神戸市から全国に活動が広がっていき、1993年1月には「日本身体障害者野球連盟」が設立されました。その年の5月には「第1回全国身体障害者野球大会」が行われ、以降毎年開催されています。

そして、1998年には「公益財団法人日本障がい者スポーツ協会」の認定種目団体となりました。
身体障がい者野球の連盟登録数は現在37チームで、競技人口は900人を超えています。

身体障がい者野球の登録資格

選手の登録資格は、身体障がい者手帳を所持する肢体不自由者と療育手帳(※)を所持する選手が対象になります。
年齢や性別の制限はありませんが、聴覚・視覚・内部障がい者の登録は現状できません。
チームが日本身体障害者野球連盟に登録するには、選手登録者12名以上が条件になります。

(※) 都道府県の知事が発行している知的障がい者(および知的障がい児)が補助を受けるために必要な手帳 

関連記事一覧