五十嵐亮太 日米23年のキャリアから語る日本野球の現在地〜後編〜「アメリカでは全て自分で決めなければいけない」

五十嵐亮太 日米23年のキャリアから語る日本野球の現在地〜後編〜「アメリカでは全て自分で決めなければいけない」

2020年、23年にわたる現役生活にピリオドを打った五十嵐亮太氏。

今回、スポーツビジネスアカデミー(SBA)が運営するオンラインサロン「THE BASE」の特別企画、『五十嵐亮太選手のキャリアを振り返りながら考える「日本プロ野球の現在地」』にオンライン出演し、自身のプロ野球人生を振り返った。

前編では、20年来の親交があるField-R法律事務所弁護士の山崎卓也SBA理事とトークセッションを通じ、第1次ヤクルト時代と日米の制度の違いについて語った。

後編では様々な刺激があったという3年間のメジャー時代、そして日本復帰後についてお届けする。(以降、敬称略)

憧れのメジャー挑戦へ

09年オフ、ヤクルトからFA宣言した五十嵐はニューヨーク・メッツと2年契約を結んだ。メジャー複数球団から来ていたオファーの中から、過去に日本人選手が多く在籍していたことなどからメッツを選んだ。

キャンプからメジャーに帯同。開幕ロースター入りし、序盤は防御率1点台をキープするなど順調なスタートだったが、4月下旬に肉離れで故障者リスト入り。5月に復帰するも思うような結果が残せず7月にマイナーへ降格した。当時の心境を振り返った。

「何が自分で足りないかということで、まず変化球を自分のモノにするよう時間を費やして、降格後は上がるためにどうするかをひたすら考えていましたね」

8月下旬に再昇格し、9月にはメジャー初勝利を挙げるなど34試合に登板した。しかし、防御率は7.12と翌年に課題を残した。

11年はキャンプ前に40人枠から外れてしまう。開幕は3Aバファローで迎えたが、4月にメジャー昇格。5月に降格となるも、3Aでは防御率0点台と結果を残し、7月に再昇格した。最終的に前年を上回る45試合の登板で4勝を挙げた。

メジャー挑戦前はストレートとフォークが中心。アメリカでは主流の動くボールを身に付けるため、カットボールやツーシームをひたすら練習した。

「最初は真っ直ぐに力があったので抑えられていましたが、自分の持ち球じゃやっていけないのはキャンプから分かっていました。新たな武器としてマイナーで練習していましたけども、数ヶ月の間でできるかというと、できないんですよ。でも時間がないからやるしかない。2年終わった時にドミニカへいきました」

11年シーズンの終了後に代理人にチームを探してもらい、ドミニカのウインターリーグに参加し、11月下旬から約1ヶ月間プレー。そこでカットボールをマスターする。

ドミニカは野球以外でも新たな発見があった。現地の選手がみな護衛のために銃を持ちクラブハウス内に保管したり、マウンド上で停電になったりとハプニングの連続だったと笑いを交えて振り返った。

その後はマイナーとメジャー・日本の違いやアメリカでの過ごし方の話題に。

メジャーとマイナーの環境差も大きい。メジャーではチャーター機が用意され、空港から球場へ誘導されるがマイナーは試合終了直後にバスに乗り込み、7時間ほどかけて移動することもある。ナイター後の移動となると到着は朝になり、仮眠後すぐ試合というハードなスケジュールだったという。

五十嵐もマイナー時代は遠征が多いため、自宅に帰れることはほとんどなかった。ここで日本との大きな違いを感じた。

「僕はマイナーの時はホテル暮らしで部屋も自分で取っていました。日本だと1・2軍ともにキャンプから移動やホテルも全て用意してもらえます。アメリカの場合はキャンプ地に自分で行って、住むところも見つけて、球場への移動も全て自分で行わなければならないんですね。でもそのほうが意識的にはいいと思いましたね」

2012年、自ら濃くした3年目

11年末にピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ。実は日本の球団含む複数球団からオファーも来ており、葛藤もあったという。

「最初は日本に戻ることも含めて迷っていたんですよ。でも、ここで戻ってしまったら自分が2年間で得たものが寂しい感じがしました。なので3年目でどこまでできるか、結果以外にも吸収するべきだなと感じたので、自分から意見を主張し続けた年でしたね」

2012年が特に濃い1年だったと語る

パイレーツではキャンプ中にマイナーを宣告された。ドミニカでマスターしたカットボールにも手応えを感じていたのもあり、悔しさはこれまで以上にあった。やはりメジャーでやらないと意味がないと考え、オプションを行使しFAに。その後すぐにトロント・ブルージェイズに移籍し、3Aラスベガスに合流した。

「日本人の発想だと少ないかもしれないですが、結果を残しているのに何で上げないんだということを言っていました。チーム事情などは理解していましたが、自分には時間がないので当時はすごく意見を言っていましたね」

当時監督だったのが広島・楽天でも監督を務めたマーティ・ブラウン氏だった。五十嵐の理解者として、「何かあったらいつでも言ってくれ」と声をかけ、精神的な支えとなった。

ラスベガスでも結果を残し5月にメジャー昇格。移籍後初登板は今でも強烈に印象に残っているという敵地でのレンジャーズ戦、立っているだけで倒れそうな猛暑の中でマウンドに上がった。

球数を50球以上費やすなど本来の投球ができず、その試合後にマイナー降格を告げられた。残された時間は少ないと考えていた五十嵐はここでも野球浪人覚悟でFAを選択した。

家族のいるニューヨークへ戻った2日後、ニューヨーク・ヤンキースからオファーが届く。3Aスクラントン合流後約1週間でメジャー昇格。伝統のピンストライプのユニホームを着ることになった。

「ヤンキースのユニホームを着れるんだってうれしかったですね。黒田さんとイチローさんもいて、一緒にやった方1人1人凄かったですから」

その他にもデレク・ジーターやアレックス・ロドリゲス、ロビンソン・カノらスーパースターが名を連ねていた。しかし、その後すぐにチーム事情で降格。それでもめげずに結果を残し2度メジャーに復帰する。

「できる可能性を信じてカーブを練習していました。ゆくゆくは自分の武器になるんですけども、指を立てろと言われてできるわけないと思いながらやっていました笑。チームメートに話を聞きながらやってどこに行っても刺激は強かったですね」

ここで取り組んだナックルカーブが後々の選手生命を延ばす大きな武器となる。この1年だけで3球団を渡り歩き、自ら濃くした1年となった。また、激動だったアメリカでの生活を以下のように振り返る。

「これまでは自分で選択することに慣れていなかったんですよ。アメリカでは自分で決めなければいけないし、選択肢もあふれていました。野球に関して言うと、何をしたいか主張するというのは大事だと思いました」

ナックルカーブを武器にモデルチェンジ

激動の3年目が終わったあと、アメリカではやり切った気持ちもあった。この経験は無駄にはならないと感じるとともに、日本に戻ってどのくらい通用するのかを試したい気持ちが湧いてきた。

そして複数球団の争奪戦の末、福岡ソフトバンクホークスに入団した。きっかけの1つとして少年時代のエピソードを披露した。

「僕秋山さん(幸二:当時監督)のファンだったんですよ。僕、中学生の時に千葉マリン(現:ZOZOマリン)でホークス戦を観に行ったんですよ。その時にサインをもらったことがあって”あの秋山さんだ”って思いました(笑)」

メジャーから日本に戻り、ホークスに入団した経緯を語った

復帰後、期待に違わぬ活躍をした。移籍1年目は51試合に登板、防御率も2.53と安定した投球を披露。

14年、15年も50試合以上登板・2年連続で防御率1点台を記録し、チームの日本一連覇に貢献した。ただ、その裏では自身には決め球がないという課題を持っていた。13年に自らファームでの調整を申し入れた。

「当時、真っ直ぐ・カットボール・ツーシームだったんですけども、日本だとバットコントロールある打者が結構いるので、大きく曲がる変化球を身に付けたいと思い、ナックルカーブの練習を本格的に再開しました」

さらに契約を更新した16年オフ、当時37歳だった五十嵐は成長を求め、メキシコのウインターリーグに参加する。向上心はベテランになっても衰えることはなかった。

「この年は投げ足りなかったんですよね。(33試合登板)自分の中でフォームや新しい何かを見つけなければと感じたので、肘の角度だったり投げ方を変えるために行きましたね」

迎えた17年、故障で途中離脱しながらも46試合で6勝を挙げ防御率は1.53。チームの日本一連覇に貢献した。この年あたりからフォームなどに細かい改良を入れ始めた。変化を恐れず様々なことを試し、1番の武器だった速球派投手からモデルチェンジした。

18年まで在籍したホークスの強さの要因について聞かれるとこう答えた。

「選手の育つ環境や条件が揃っていますね。選手の数も多くて、自然と競争意識が高くなっていました。怪我をして戻ったらもう居場所がないことはよくありました。野球以外でもファンとの距離感や九州全体を見た営業努力含め、選手が頑張れる条件が揃っているのではないかと思います」

10年ぶりのヤクルト復帰

プロ22年目、40歳となる19年、古巣ヤクルトへ10年ぶりに復帰した。

4月のみで5勝を挙げるなど45試合に登板し防御率2.98と、古巣のファンに元気な姿を見せた。

「出て行ってから戻ってきてこんなに応援してもらえるんだという驚きと感謝の気持ちがいっぱいでしたね」

新型コロナウイルスの影響でイレギュラーなシーズンとなった20年、コンディションが上がらず開幕後も2軍で調整を続けていた。8月に現役引退を表明し、10月25日の中日戦(神宮)が最後の登板となった。ブルージェイズ在籍時のチームメートであったシエラを1球で打ち取り、現役生活に別れを告げた。

上述のホークスの話に続き、計13年在籍したヤクルトの魅力も語ってくれた。

「ヤクルトは選手が伸び伸び野球をできる環境で、オンとオフの使い方がうまいチームです。自ら考えられる強い意識や自覚を持った選手が台頭すると思います。あと移籍した選手誰もが『このチームでできてよかった』と言ってくれるんですよ」

そして最後、日本の野球がよくなるためには何が必要かを山崎は聞いた。

「どんどん動きが活発になればと思います。FA制度もそうですし、2軍で燻っている選手も無くさないといけない。選手にとって厳しい状況になるかもしれないですけども、そういった状況でやった方が能力も伸びやすいし経験も積めます。経験が多い方が発想であったり今後に活かせると思うので」

約2時間のセッションは盛り上がりの中、惜しまれながら終了した。今後も野球界に恩返ししたいと語った五十嵐。海外の野球を知る貴重な経験を今後どのように伝えていくのか、次のステージも目を離せない。

参考:SBA(スポーツ ビジネス アカデミー)運営オンラインサロン「THE BASE」

野球カテゴリの最新記事