西武・辻監督 新生メットライフドーム元年に誓う日本一奪回「夢の詰まった球場。ここにチャンピオンフラッグを掲げたい」

西武・辻監督 新生メットライフドーム元年に誓う日本一奪回「夢の詰まった球場。ここにチャンピオンフラッグを掲げたい」

西武は8日、本拠地メットライフドーム改修工事の竣工式を行い、後藤高志オーナー・辻発彦監督らが出席した。

本計画は西武ライオンズ40周年記念事業として、2017年11月に発表。「ボールパーク化」「チーム育成/強化」の2つを軸に、改修期間約3年・総額約180億円をかけて行われてきた。

球場内ではドーム化から続く”自然共生型”の特性を活かした周辺エリアの充実化と、快適な観戦環境を提供するためにシートの新設やリニューアルを実施。

チーム育成/強化の面では1979年に所沢へ移転して以来、約40年使用されていた室内練習場や選手寮を建て替え。ライオンズトレーニングセンターと新若獅子寮が1つの建物内に集約され、12球団最大級の練習施設として19年7月から稼働している。

今回、開幕戦(26日、対オリックス)のグランドオープンを前に報道陣へお披露目となった。

フォトセッションに出席した辻監督(写真右)と後藤オーナー(同左)

竣工式終了後、フォトセッションに後藤オーナーと辻監督が登壇。

久々にメットライフドームに戻ってきたという辻監督は、3塁側へ向かうすぐ右に新設された「テイキョウキッズフィールド」などアトラクションが増えたことに触れた。そこで自身が子どもの頃、前身の西鉄ライオンズの試合を観戦に平和台球場へ行ったエピソードを披露した。

「小さい頃、地元の佐賀から隣の福岡にある平和台球場に行くたびに、午前中には父親に連れて行ってもらい近くの公園で遊び、夜はナイターと。そういう環境で育ち野球が好きになり、プロ野球選手になりたいという夢を持った。今この立場になってライオンズのユニフォームを着て野球ができる、その喜びを感じています」

会見で辻監督は新たなメットライフドームで指揮を執る喜びを話した(後方は後藤オーナー)

今年は新生メットライフドーム元年。リーグ3連覇を逃した悔しさを胸に、26日から始まる新たなシーズンに臨む。最後に意気込みを語った。

「様々なものが増え、夢の詰まったメットライフドーム。ただ、我々にとっては球団旗の横にチャンピオンフラッグがない。それが唯一失われたもの。今シーズン奪還して日本一という大きな目標に向かって戦っていきたい」

球団旗の横にチャンピオンフラッグを掲げたいと熱い想いを語った

(SPORTSCORE編集部)

野球カテゴリの最新記事