”24時間365日川崎にコミット” ブレイブサンダース 生粋の川崎人が掲げるキーワードは「スポンサーアクティベーション」

”24時間365日川崎にコミット” ブレイブサンダース 生粋の川崎人が掲げるキーワードは「スポンサーアクティベーション」

2018-19シーズンよりBリーグ 川崎ブレイブサンダースは 東芝からDeNAへと承継し、新たなスタートを切った。

株式会社DeNA川崎ブレイブサンダース 川崎地区営業部の板橋大河さんに登場いただき、前編では野球からバスケへどうチューニングしてきたかを中心に伺った。

後編では、コロナ禍の現状とどのように向き合っているのか・そして今後どんなクラブにしていきたいかその想いにフォーカスする。

(取材協力 / 写真提供:川崎ブレイブサンダース)

「露出ファーストの時代は終焉してきている

地元の企業の期待を受け、それを結果で応えてきた板橋さん。今後さらに強化していきたいことは何かを伺った。

「一番強めていきたいのは”スポンサーアクティベーション”です。具体的にはノベルティーの制作やイベントの開催といった看板掲出以外の商標活用です。理由としては露出ファーストの時代は終わってきていると思っているためです。

試合を通じてファンとクラブがつながっていくのは普通の構図です。そこからさらに商標を活用した企画をスポンサー様が発信し、ファンの皆さんと繋げることができれば、必然的にファンの皆さんが喜んでもらえる場所・雰囲気が醸成されていくと思うんです。

なので企業様に向けたアクティベーションの提案の質を追い求めていきたいと考えています。これはブレイブサンダースに来て初めて挑戦できることなので、個人的には使命感を持って取り組んでいるところです」

生粋の川崎人。24時間365日、”川崎にコミットしている”と語る

実は板橋さんは生まれも育ちも川崎。地元のチームに関われるという特別な縁も背負って仕事と向き合っている。

「僕も24時間365日仕事をしてる状態になると思うんですよ。朝起きてから寝るまで川崎の中にいる。ブレイブサンダースの浸透度をすごく感じる生活をしているので、24時間365日”川崎にコミットしている状態”があるなと思っていますし、モチベーションになっています」

コロナ禍で感じた温かさと感謝

2020年、新型コロナウイルスの感染拡大が世界中を襲った。スポーツ界も影響を受ける中、Bリーグ、そしてブレイブサンダースも例外ではなかった。シーズン佳境を迎えていた3月下旬以降、試合はチャンピオンシップ含め全て中止を余儀なくされた。

現体制となって2シーズン目、スポンサー数も増え始めたタイミングでのコロナ禍だったという。

「僕らの2シーズン目がコロナ禍になってしまったのですが、ようやくスポンサー様が増えてきたというタイミングでした。特にスポーツへの協賛が初めての企業様が多かったのもありましたので。まず、我々はシーズンが中止になった期間を鑑みて、いただいていた協賛金の3分の1を返金することを決断しました。

売り上げが3分の1減るので大きな決断でした。優勝争いやチャンピオンシップなどで一番盛り上がるタイミングで実施されなかったということは、スポンサーをする最大の理由だろう・その機会を失うということはどういうことかを考えた結果の決断でした」

スポンサー様の想いも背負い、日々業務に取り組む

スポンサー撤退、はたまた経営危機などが頭をよぎる中、板橋さん始めクラブの努力は固い絆となって危機的状況の中で発揮された。

「スポンサー様には返金しますとご案内をしたのですが、ほとんどが『その返金は要りません』と。苦しいのはクラブですし、ブレイブサンダースを応援すると言う意味での協賛なのでクラブのために使ってほしいと本当に大多数のスポンサー様から声をかけていただきました。

だからコロナを言い訳にせずに攻めるしかないと思いましたし、スポンサー様からの厚意に報いる価値を提供しなきゃいけないと。お金だけではない気持ちの部分までサポートいただいていることには涙しましたし、改めてお付き合いじゃなく気持ちで協賛していただいてると感じましたね」

「一番スポーツ熱が高い街」川崎の誇りを胸に

コロナ禍前のとどろきアリーナ。満員のファンが応援している

前述の通り、承継時からスポンサー数は約3倍に伸び、着実に川崎に根付いている。地元企業からの期待も肌で感じているという。

「地域の方々も我々に『何か大きなことをやってくれそう』『川崎の街をさらに元気にしてくれる存在だよね』といった期待感、ポジティブなイメージを持っていただいている企業様が多いと感じています。フロンターレさんが積み重ねてきたところも大きいですし、僕らがやろうとしていることにおいてもイメージが付いてきた感覚があります」

アリーナにユニフォームを着て来場する方も増え、着実に川崎に根付いている

そして最後、板橋さんとクラブの未来についてどう描いているか伺った。

「川崎のプロスポーツクラブなので、たくさんの地元企業様とお会いして盛り上げていければと思います。スポンサーアクティベーションになる企画を我々と一緒に考えることによって、それが街に溢れていくことが、地域活性化につながることだと信じて止みません。

私見ですが、川崎の街が日本で一番スポーツ熱が高いと思っているので、今後も挑戦していきたいです」

最後は川崎への誇りを込めた熱いメッセージでインタビューを締めくくった。ブレイブサンダースが川崎のシンボルとなっている今も、クラブの挑戦は続いている。

(取材 / 文:白石怜平)

バスケットボールカテゴリの最新記事